共産主義者同盟(戦旗派)分派 CHronicle              ★Top pageリベラシオン社    
                                                  
                                                                                                                       
PDF戦旗派文献リスト   

      「戦旗」252号(右翼合同反対派を蹴散らし鉄の全国党建設へ・1970)   
                              
               第14号(1971・7・10)            第15号(1972・8・25)                第16号(1973・4・20)    

    いわゆる共産同「戦旗」派分派については、機関誌等未見のものが多い、「暫定版」として提供がありしだい、追加アップしていきます。

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     共産主義者同盟(戦旗派)(1970年12月~80年1月)

      戦旗・共産主義者同盟  (1980年1月~93年8月)

      共産主義者同盟     (1993年8月~1997年7月BUNDへ改組)

          リンク戦旗派コレクション

     所謂「日向派」については、WEB「戦旗派コレクション」(葭谷氏)、「bund.jp旗旗」(草加氏)で当事者としての詳細な歴史が記載されています。

        又、『破天荒伝』で荒氏自身が述べられています。

        二、三付加すれば、1970年当時社学同早稲田大学支部では、荒氏は多数派では無かった事。1970年3月25日社学同早稲田大学支部解散宣言がだされ、

        多数派の静間順二氏によって「社学同早大全学委員会」(機関紙「プロレタリア独裁」)が結成されている。

        遡れば、1969年6月共産同「ボルシェヴィキ・レーニン主義派(BL派)」が、書記局、機関紙編集局の佐々木和雄、野間 晋等によって結成された

        (主に、赤軍派等の共産同分派闘争の発生への組織的危機感からであろう)

        ここに、荒氏等の社学同グループが参加した。しかし、10.21闘争戦術をめぐって、10月にはBL派は分岐した(『理論戦線』派の形成)。

        11月決戦では、「軍団」の分裂に至っている。70年以降、「情況派」「叛旗派」の分裂を経て、BL派メンバーは「第9回大会第9回中央委員会」の開催を目指したが、

        経過は「第9回中央委員会」は分裂開催となった。後年『地鳴り』3号(全Pアップ)で佐々木和雄氏はこの間の経過と総括を出されている。

        後付的に、第二次ブントの「連合」性云々を指摘する前に、上記のような組織的苦闘があった事は明記されるべきと思われる。

      戦旗社出版物案内 

          (注)下記の『理論戦線』各号の画像は、WEB「戦旗派コレクション」(葭谷 諦氏)から提供頂きました(WEB旗旗の草加耕助氏の提供)。

          なお、準備中の各号は、未定です。『理論戦線』の重要号は全ページアップしたいところです。

          『理論戦線』は、43号(1995年)まで「戦旗社」で発行されています。それ以後、「実践社」が継続して総合雑誌化したと思われる。1997年「BUND」への改称をもって

          共産主義者同盟の機関誌としては終了したと思われる。13号から数えて30号(冊)である、第二次ブント分派最大の継続された機関誌でもある。

           「BUND」への改称、荒 岱介氏のパラダイム・チェンジ等から、「全否定」される傾向があるが、70年代から90年代への第二次ブント分派としての苦闘は

           「記録」「検証」されるべきと思われる。

                           ある新左翼党派の数奇な運命(水沢 努『情況』2017夏号)

      ★機関誌『理論戦線』

                                                                           謝辞!提供ー旗旗 S氏

              表紙chronicle
       
      1980年6月20日      1980年11月1日        1981年5月1日         1981年12月5日        1983年2月

       
      1984年12月       1985年8月25日    (発行)-不明            1986年4月          1986年12月

       
   (発行)-不明           1987年10月         1987年12月        1988年5月          1988年10月

                                         
                1989年2月                              『4・29天皇式典を粉砕せよ!』(1986)  『天皇代替わりーXデーを撃て』(1988)        

                             
          第2回大会議案書(1971・7・16~17)注:P41以降~欠落         SENKI(1983)

       ★機関紙「戦旗」(250号~825号)ー準備中                           謝辞!提供ー新左翼党派機関紙・冊子 Y氏

                                                               謝辞!提供ー鹿砦社 M氏

      ★1970・1971年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 
         第250号(1970・12・3)       第251号(250号12・13)        第252号(12・23)        第253号(1971・1・13)       第254号(1・23)         

       第255号(2・3)              第256号(2・13)           第257号(2・23)          第258号(3・3)             第259号(257号3・13)        

       第260号(3・23)             第261号(4・3)       第262号(4・13)      第263号(4・23)      第264号(5・3)      

     第265号(5・13)       第267号(6・3)       第268号(6・13)       第269号(6・23)       第270号(7・3)      

       第271号(7・13)       第272号(7・23)      第273号(8・3)      第274号(8・23)       第275号(9・3)          

       第276号(9・13)      第277号(9・23)      第278号(10・3)      第279号(10・13)       第280号(10・23)              

       第281号(11・3)      第282号(11・13)     第283号(11・23)     第284号(12・3)         第285号(12・13)                   

       ★1972年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
           第286号(1・3)       第287号(1・13)       第288号(1・23)      第289号(2・3)        第290号(2・13)     

         第291号(2・23)       第292号(3・3)       第293号(3・13)      第294号(3・23)       第295号(4・3)       

       第296号(4・13)      第297号(4・23)       第298号(5・3)      号外(5・15)          第299号(5・23)  

                第300号(6・3)       第301号(6・13)       第302号(6・23)      第303・304号(7・13)      第305号(7・23)    

          第306号(8・13)      第307号(9・3)       第308号(9・13)     第309号(9・23)       第310号(10・3)  

       第311号(10・13)            第312号(10・23)      第313号(11・3)     第314号(11・13)       第315号(11・23)        

       第316号(12・3)           第317号(12・13)              

     ★1973年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
             第318号(1・3)       第319号(1・13        第320号(1・23)       第321号(2・3)         第322号(2・13)  

       第323号(2・23)       第324号(3・3)        第325号(3・15)      第326号(3・23)        第327号(4・3)  

         第328号(4・13)           第329号(4・23)        第330号(5・13)       第331号(5・23)         第332号(6・3)

       第333号(6・23)       第334号(7・5)         第335号(8・5)      第336号(9・5)         第337-8号(10・5) 

        第339号(11・5

        ★1974年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              第340号(1・5)             第341号(1・20)                第342号(2・20)         第343号(3・20)               第344号(4・5)  

              第345号(5・5)               第346号(6・20)

       ★(B4リーフレット版)-準備中                                       謝辞!提供ーWEBボリューム(E)A氏 提供ーWEB新左翼党派機関紙・冊子 Y氏
                
         特別号(7・7)        (347欠)          第348号(8・20)                  第349号(9・20) 
              
      第350号(10・20)                    第351号(11・20)                   第352号(12・20)   

       1975年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                  第353号(1・20    第354号(2・20)      第355号(3・20)          第356号(5・5            第357号(6・5)            第358号(7・5)   
                     
                  
第359号(8・5)        第360号(9・5)               第361号(10・5)                362号                         363号              364号              

                         
                       365号           366欠
                   367号             368号               369号            370号            

           371号            372号             373号               374号               
375欠           376欠           

           377号 
          378欠            379号               380欠               381号           382欠

      ★1976年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

            
 383欠           384欠             385欠               386欠              387欠          388欠
      
1977年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
        
389~394欠

          ★1978年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
            395号           396欠            第397号(11・5)    第398号(12・5)    

    1979年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
        第399号(1・20)     第400号(2・20)        第401号(3・20)    第402号(4・20)        403欠            第404号(6・5)        

        第405号(7・5)       第406号(7・20)        第407号(9・5)       第408号(10・5)          第409号(10・20)        410欠     

            第411号(12・20)       

         ★1980年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    412号                             第413号(2・5)                                                 414~424欠 

    ★1981年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


                                                                                                       

      425(1981・1・1「タブロイド」版)~825(1994)欠     第576号(1987・9・5)    825~○号(1994「SENKI」へ改称)   第848号(1995・9・5         1997年終刊

                 

               ★日本反帝戦線(中央書記局)     「革命の前夜」第1号~未定

        ★全国労働者共闘会議

     
第2~4冊欠 
  
日米安保体制(1979)    1985       第5冊(1988)   第6冊(1989)    

                               
                        
     1972年2月15日        1974年4月30日       1977年4月15日        1982年3月28日      1982年8月1日      1986年8月10日     

        
    1986年12月5日     1987年6月10日        1991年2月25日         2003年5月25日       2001年1月        2011年

     

       実践社2000       2006年社会評論社     2007年社会評論社   2008年社会評論社  2014年社会評論社    2015年社会評論社    2016年社会評論社

 

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

     共産主義者同盟(戦旗派) (1973年6月~2004年8月共産同統一委員会)
   
                            
                  『二期を許すな』(岩山団結会館1982)  『東峰死守戦 』(1989)  重要論文集第一巻(1983)   共産同(戦旗派)政治集会基調報告(西田 輝1974)  

                                                                                                                                           
                              
     
 同志1(1979)    同志2(1979)    同志3(1980)  同志4(1980)  同志5(1982   6欠  同志7(1995)                                     

        機関紙「戦旗」(340号~896号)ー準備中

         1973・1974年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   
  
              
第340号(1973・12・20)     第341号(1974・3・5)          第342号(5・5)      第343号(6・20)
      第344号(9・20)     

       
第345号(12・5)

   1975年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

                      
              第346号(1975・2・5)                 第347号(3・20)                     第348号(4・20)

         第349号(5・5)       
第350号(6・20) 
     
第351号(7・5)   特別号(7・20~A2版)    352号        353号       
       
          354号 355号 356号 357号 358号 359号 360号 361号 362号 363号 364号 365号 
 
 366~  第386号(1978・7・5)  ~896号(2004年)欠

       ★日本反帝戦線機関誌『反帝戦線』
                             
             
反帝戦線1(1979)                   反帝戦線2(1980)                      廣松理論を学ぶためにー(赤城 護「戦旗」1994~96)   

     叫革青年同盟・全国部落青年活動者会議「叫革通信」
                   
     
第1号~7号未定           第8号(1981)
  ★
関東・関西沖縄解放同盟


                                      
  
沖縄、差別を砕け     皇太子沖縄上陸決死阻止(1975)        関東沖縄解放同盟ニュース他(1975)
    
    沖縄通信編集委員会
                      
  
 1~2欠 第3号(1973)    4欠     第5号(1975)         6(1975)
  ★戦犯天皇糾弾闘争を支持する会
                         
   
ひめゆりの炎創刊号(1975)  姫百合ー白銀公判闘争勝利(1976)    2号(1976)          3(1978)   
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
         
共産主義者同盟(ボルシェヴィキ・レーニン主義派ーBL派) 謝辞!提供ーI氏
            
      「ボルシェヴィキ派」の政治組織総括(佐々木和雄1970?)   
           共産主義者同盟《地鳴り》団              謝辞!提供ー元共産同《地鳴り》団 A氏

     機関誌『地鳴り」
                                
               
      地鳴り1(1973)                  地鳴り2(1974)                   地鳴り3(1976)

           ★蒼志舎

      機関紙「地鳴り」1号~10号欠
             
       第11号(1978・4)    第12号(5)        第13号(7)        第14号(9)      第15号(1979・2)  闘いを振り返る・(地鳴り編集局・・)   

      機関紙「地鳴り」(第2巻1号・80年~20号・89年)
                      
         第2巻第1号(1980・6・20)     第2巻第2号(9・1)    第2巻第3号(12・1)    第2巻第4号(1981・3・25)  第2巻第5号(7・20)  

                            
          第2巻第6号(12・15)    第2巻第7号(1982・6・20)  第2巻第8号(11・20)  第2巻第9号(1983・5・10)  第2巻第10号(10・25) 

                            
          第2巻11号(1984・4・20)   第2巻12号(10・25)   第2巻13号(1985・4・5)   第2巻14号(12・15)  第2巻15号(1986・5・10)  

                    
        第2巻16号(12・1)     第2巻17号(1987・6・25)  第2巻18号(11・25)   第2巻19号(1988・4・1)  第2巻20号(1989・7・1終刊) 

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     共産主義者同盟(国際主義派)  〈1972年~80年7月日本共産党(行動派)〉

     案山子みたいながらくた頭の中から掃除せよ』(1973年)-未定

                                 
           
前進のために(1973・9・1)                       革命戦争の邁進か革命戦争への敵対か(1974・赤心社)    

      ★機関紙「プロレタリィ通信」
                             
         創刊準備号(6・15)未定 創刊準備NO2(7・10)未定   創刊号(1974・11・1)   第2号未定 第3号・第4号未定  第5号(1976・10・25)   

     (注)共産同(国際主義派)は、1980年7月に日本共産党(行動派)に統合している。この間の経過、合流時の「声明」「見解」等も不明。
  ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

      共産主義者同盟(戦旗派)北海道地方委員会(1973年6月~76年7月)

     北海道共産主義者同盟(1976年7月~79年4月)

     共産主義者同盟(プロレタリア戦旗編集委員会)(1979年4月~)

    『プロレタリア戦旗』総目次     

                

  1~7号未定  NO8(1976)  NO9(1976)         NO10(1976)       NO11(1976)     NO12(1977)    NO13(1977)                             
               
              
   14号未定  NO15(1978)  NO16(1979)   

                                                                                 ★Top pageリベラシオン社