追悼!・・共産主義者同盟ー社会主義学生同盟の関係者
  
    

                                          ★Top pageリベラシオン社   

      第一次ブント以降、ブントー社学同の関係者の死去された方々のお名前を列記します。

      死因、享年は様々ですが追悼を忘れないようにしたいです。記載されていない方々もおられると思いますが、ご容赦下さい。

      又、広く「新左翼」運動では、多くの方々が死去されています。同じく追悼します。

      写真、画像は主にネットからダウンロードと追悼集からアップしています。謝辞。

      一部不明があります。又誤記、追記があれば、ご連絡ください・  

                       E-mail sphy4e29view.ocn.ne.jp・・・・は@に変えて下さい。        

      

      同志は倒れぬ Vy Shertuoju pali                      〈作曲・作詞〉 Stegligh <訳詞> 小野宮吉

      正義にもゆるたたかいに 雄々しき君は倒れぬ    冷たき石の牢獄に 生ける日君はとらわれ    真黒き夜の闇はあけ 勝利のあしたは今や来ぬ

       血に汚れたる敵の手に 君はたたかい倒れぬ      恐れず君は白刃の 嵐をつきて進みぬ       倒れし君のしかばねを われらは越えて進みなん

       プロレタリアの旗のため プロレタリアの旗のため   プロレタリアの旗のため プロレタリアの旗のため 時は来ぬいざ復讐へ 時は来ぬいざ復讐へ

       踏みにじられし民衆に 命を君は捧げぬ        重き鎖をひびかせて 同志は今や去りゆきぬ    わが旗赤き空に燃え 勝利の明日今や来ぬ

   ******************************************************************************

         追悼!大下敦史(元『情況』編集長) 2018年1月3日死去(亨年70歳)

               1966年早稲田大学入学 67年社学同・共産同加盟 69年共産同BL主義派 70年共産同(戦旗派)73年共産同(戦旗派)西田派 2000年『情況』編集長  
獄窓の落暉〈らっき〉を赤旗代わりとし歌いて葬送〈おく〉らんインターナショナル(重信房子)

   617大下敦史ゆかりの集い      
6・17大下敦史ゆかりの集いメッセージ

山本義隆・白井聡講演報告(ブログ「野次馬雑記」No497・497)

            
 **********************************************************************

   ★追悼!藤本敏夫                追悼千葉正健        追悼川音勉              追悼!廣澤一男                                 

                                                               
   追悼 藤本敏夫(2003)            精進 千葉正健さんを偲ぶ(2011)   川音勉論集(2015) 
演歌の歌のジグソーパズル(小西 桂2018)   追悼!千葉正健(佐藤秋雄)  同志畑中文冶を追悼する(共産同首都圏委)  追悼!廣澤一男(大杉 莫・共産同首都圏委)                       
                             
                                                    
                                                  
          追悼田原芳          追悼!田宮高麿                    追悼西浦隆男 
                                            
       夢は世界を翔けめぐる(1990)    田宮高麿さんを追悼する会(1996)  西浦隆男 追悼・遺稿集 走る!かくめいとハブラシ(2015) 
   田原芳論文集出版記念の集い(京都2006年) 人道帰国第7号(1996)   ポーランドの階級闘争と反官僚革命・(萩尾 遼1983)
  田原芳論文集完結によせて(流 広志)                  森恒夫について改めて思うこと(西浦隆男『情況』2008・6月号)
  「田原芳論文種」の刊行に寄せて(土方克彦2005) 
  
             
                                        
            追悼!大森昌也             追悼上田育子         追悼!茂田一義
        大森昌也さんを追悼して(赤木志郎)           追悼!上田育子(柳田 健)              茂田一義追悼(八木健彦) 
                                                                                                  地下活動に”ひげ根”を生やす(山下浩志)                                                
 

          ******************************************************************************

                             追悼樺美智子           「全学連通信」6・15斗争緊急特別号   

     樺美智子                   1937年~1960年(享年22歳)
                                                                                                                                                      

          57年東京大学入学 58年共産主義者同盟加盟 59年東大学友会副委員長 60年6月15日安保闘争(虐殺)
         「プロレタリアの若き戦士同志樺の死をいたむ」(加藤明男「戦旗」17号60年)

         「全学連通信」6・15斗争緊急特別号(60年6月25日) 

         『人知れず微笑まん』(三一新書60年)

        『友へー樺美智子の手紙』(三一新書60年)
    
             『人知しれず微笑まん 樺同志追悼記念誌』(80年
         『樺美智子 聖少女伝説』(江刺昭子・文
藝春秋2010)                                                                                                       

     茅野寛志                    1953年~1960年(享年24歳)
    
     56年東京大学入学 56年自然弁証法研究会加入 59年共産主義者同盟加盟 60年三池闘争参加  
        『残さるべき死 芧野寛志遺稿集』(青木新書62年)

       「芧野寛志けんへ 怒り・執念・絶望」(最 首悟『アサヒグラフ』69年)

     生田浩二(加藤明男)              1933年~1966年(アメリカ・享年33歳)
         

         52年東京大学入学 52年日本共産党入党(所感派) 56年日共東大細胞機関誌『マルクス・レーニン主義』創刊 57年日共東大細胞キャップ 59年共産同第2回大会中央委員 
         共産同綱領起草委員会委員長 
59年共産同第3回大会超委員会事務局長 
        「全世界を獲得するために・・・」(加藤明男・熊谷信雄『共産主義』創刊号59年)

        「共産主義者同盟綱領草案(第二次案)」(加藤明男・姫岡礼治『共産主義』創刊号59年)

        『生田夫妻追悼記念集』(刊行会67年)

     唐牛健太郎                   1937年~1984年(享年47歳)
           

          56年北海道大学入学 57年日本共産党入党 58年全学連中央執行委員 59年共産主義者同盟加盟 59年全学連中央執行委員長 59年共産同第3回大会学対部長 61年革共同全国委員会加盟 
          
62年革共同脱退(共学同問題)

          「全学連第十五大会の意義について」(『闘う全学連』60年)

          「全学連第十七回大会ー特別提案」(『闘う全学連』第3集61年)

          『唐牛健太郎追想集』(刊行会86年)

       谷川巌(谷川雁)               1923年~1995年(亨年71歳)

           

      42年東京帝国大学入学 47年西日本新聞労組書記長 47年日本共産党九州地方委員会入党 54年第一詩集「大地の商人」 56年第二詩集「天山」 58年機関誌『サークル村』創刊(上野英信・森崎和江・石牟礼道子)
      58年『原点が存在する』59年『工作者宣言』 

      60年日本共産党離党 60年六月行動委員会結成(吉本隆明) 60年大正炭鉱行共産主義者同志会結成 61年『試行』創刊(吉本隆明・村上一郎)

      61年自立学校創設(吉本隆明)
61年『戦闘への招待』63年『影の越境をめぐって』63年大正炭鉱退職者同盟結成 65年「ラボ教育センター」創設  

    松下昇                    1936年~1996年(享年79歳)
                 

        55年東京大学入学 57年日本共産党入党 59年共産主義者同盟加盟 61年東大大学院入学 69年神戸大学教授  
        『あんかるわ別号〈深夜版〉2松下昇表現集』(北川 透編集・あんかるわ発行所71年)

       『概念集』1~12(1989~1995)

       『概念集』別冊1・2(1995~1996)

    陶山健一(岸本健一)              1936年~1997年(享年61歳)
            
         56年東京大学入学 57年農学部自治委員長 58年共産主義者同盟中央委員 58年社学同委員長 60年共産同「プロレタリア通信」派 61年革共同全国委員会加盟

          
『日本型社会民主主義』(岸本健一・現代思潮社66年)
       『帝国主義と対決する労働運動を』(69年)

        『反戦派労働運動』(亜紀書房69年)

        『陶山健一を偲ぶ会発言集』(97年)

        『反戦派労働運動ー陶山健一重要著作集』上・下(前進社2007・2008)

      富岡倍雄久我二郎)               1929年~1998年(亨年69歳)
         

         島成郎(熊谷信雄)               1932年~2000年(享年69歳)
          

         50年東京大学入学 50年日本共産党入党(国際派) 58年全学連フラクション機関紙「プロレタリア通信」創刊 58年共産主義者同盟書記長
              『ブント私史』(批評社99年)
         『ブント書記長 島成郎を読む』(情況出版2002)

         
『60年安保とブントを読む』(情況出版2002)

         藤本敏夫(大徳闘志夫)             1923年~2004年(享年81歳)
          

         48年日本共産党入党(筑豊田川細胞) 60年共産党神戸地区委員会除名 60年共産同神戸地区委員会結成 60年共産同「戦旗派」 61年革共同全国委員会 68年神戸反戦青年委員会 
        「藤本敏夫同志を追悼する 81年の労働者革命家 人生の軌跡に学ぶ」(革共同関西地方委員会・兵庫県委員会「前進」2170号2004)

        『神戸ブント 藤本敏夫のうた』(和田喜太郎編・アットワークス2010)

       灰谷慶三                    1936年~2006年(享年69歳)
          

        55年北海道大学入学 58年全学連第11回大会中央委員 58年共産主義者同盟加盟 70年北海道大学教授

    星野中                    1936年~2008年(享年71歳)
        56年東京大学入学 58年共産主義者同盟加盟 60年共産同第5回大会(「東大細胞意見書」) 60年共産同「革命の通達」派結成 ○年金沢大学教授
 
       「安保闘争の挫折と池田内閣の成立」(東大細胞意見書「戦旗」27号60年)

       「秘話/ブント『革通派』結成の謎」(蔵田計成『60年安保とブントを読む』情況出版2002)

       『帝国主義研究(Ⅰ・Ⅱ)』(入江節次郎・星野 中・御茶ノ水書房73・77年)

      北小路敏(中条高世)            1936年~2010年(享年74歳)
          

        56年京都大学入学 58年京都府学連書記長 59年共産主義者同盟加盟 60年全学連書記長 61年革共同全国委員会加盟 61年全学連第17回大会委員長
        63年革共同全国委(中核派) 
65年東京都議選挙(杉並区)立候補(落選) 67年革共同全国委政治局員  
       『歴史選択としての七〇年闘争』(自由国民社69年)

        「不屈の情熱を引き継ぎ革共同は世界革命勝利に前進する 北小路敏同志の逝去を悼む」(革共同政治局「前進」2467号2010)

       「北小路同志の逝去に際し、万感の思いを込めて心から追悼の意を表す」(清水丈夫「前進」2469号2010)

    守田典彦(青山到)             1929年~2011年(享年82歳)
            

        49年九州大学入学 50年日本反戦学生同盟結成(九州大学) 58年共産主義者同盟加盟 61年革共同全国委加盟 63年革共同全国委脱退
         『革命の革命』(三浦悠司1976)

         『革命の革命 守田典彦著作集』(彩流社2010)

      吉本隆明                   1924年~2012年(亨年87歳)
            

       45年東京工業大学入学 60年六月行動委員会結成(谷川 雁) 61年『試行』創刊 62年『擬制の終焉』 68年『共同幻想論』

       青木昌彦(姫岡玲治)              1938年~2015年(アメリカ・享年77際)
           

         56年東京大学入学 58年共産同中央委員会書記局 60年共産同「プロレタリア通信」派
        「民主主義的言辞による資本主義への忠勤 国家資本主義段階における改良主義批判」(『共産主義』3号59年)

        『日本国家独占資本主義の成立』(現代思潮社60年)

         『人生越境ゲーム 私の履歴書』(日本経済新聞出版社2008)

       西部 邁                 1931年~2018年 (亨年78歳) 
        

        58年東京大学入学 58年東大教養部自治会委員長 58年共産同加盟

      片山迪夫(佐久間元)-5月11日死去             1933年ー2018年(享年85歳)   

              
              52年早稲田大学入学 58年共産主義者同盟政治局員 60年反スターリン連盟参加 60年『世界革命の挫折』(リベラシオン社) 61年『先駆』発行(先駆社

       今泉正臣ー5月25日死去                  1934年~2018年 (亨年83歳)
    53年京都大学医学部入学 56年医学連中央執行委員 59年京都大学同学会(再建)議長 59年共産同京都大学細胞(北小路敏・小川登・野口修) 

 
        59年共産同関西地方委員会議長 61年革共同全国委員会関西地方委員会 68年離党 69年京都反戦青年委員会事務局員 
 
      81年国立ハンセン病患者施設職員 92年国立星塚敬愛園園長(鹿児島市)
   ***********************************************************************************************  
       
中村とし子                   1941年~1967年(亨年23歳) 
    

     62年立正大学入学 65年社学同立正大学支部加盟 65年共産同加盟 67年東京土建労組渋谷支部長

       小西志津子                   1953年~1980年(亨年26歳)

         

        73年川崎市役所入所・川崎市職労加盟 76年共産主義革命戦線加盟 79年共産同(革命の旗)加盟

      近藤剛                    1954年~1984年(享年38歳)

        64年東京城東郵便局就職 64年専修大学二部入学 65年社学同加盟 66年共産同再建大会参加 66年共産同全逓委員会

     高橋良彦(松本礼二)              1929年~1986年(享年57歳)
                                                                                                                                                                      

        46年通産省(電電公社)就職 52年日本共産党入党・港地区委員 60年共産主義者同盟加盟 62年電通労研結成(全電通) 65年共産同統一委員会議長 66年共産同再建第6回大会議長 
       
68年共産同第7回大会中央委員会国際部長 69年共産同第9回大会副議長 70年共産同再建準備委員会結成 70年全都労働組合活動家会議結成 74年松本礼二事務所設立

       「労働運動の現況と我々の課題」(『共産主義』復刊準備号65年)

       『大衆政治家の軌跡 松本礼二ー高橋良彦遺稿・追悼集』(彩流社88年)

    廣松渉(門松暁鐘)              1933年~1994年(享年60歳)
           

        49年日本共産党入党(国際派16歳) 54年東京大学入学 56年日本共産党離党 67年雑誌『情況』創刊(古賀暹) 73年~99年東京大学教授
        『日本の学生運動ーその理論と歴史』(東大学生運動研究会・門松暁鐘・中村光男・伴野文夫56年)

        『現代資本主義の一視角ー中ソ両派との批判的対質のために』(社会主義研究会64年)  

        「プロレタリア権力への道」(『共産主義』復刊準備号65
年)

        「疎外革命論批判ー序説」(『共産主義』9号66年)

       中井正美(垂水俊介・沖田友士)                1974年~1997年(享年56歳)

        60年専修大学入学 65年共産同統一委員会政治局学対部員 68年共産同第7回大会政治局員 68年共産同第8回大会政治局員 69年共産同第9回大会政治局員 70年共産同再建準備委員会 
       
74年共産同(遊撃派)政治局員 

       
「遠方グループに対する同盟からの革命的武器の批判」(沖田友士『ボルシェヴィキ』創刊準備号75年)
       「過渡期世界における革命戦争と軍事ー武装問題の基本視座」(沖田友士『ボルシェヴィキ』創刊号76年)

        久保井拓三(奥田浩二)                     1944年~1999年(享年55歳)
             

       63年中央大学入学 64年中大全学自治会委員長 65年中大中央闘争委員会(全中闘)委員長 68年社学同委員長 68年反帝全学連副委員長 69年「4・28破防法被告」 
       69年共産同第9回大会中央委員

        「過渡期世界の革命:1969年の教訓』(『理論戦線』9号70年)

      有泉亨治(町田必殺)              ?~2002年(享年?)

        70年共産同南部地区委員会 72年共産同蜂起派

      右田昌人(さらぎ徳二)            1929年~2003年(享年73歳)
                

                     第1巻ソ同盟と人間疎外/世界暴力革命論他 ●第3巻天皇論/過渡期世界の転換と民族問題  第5巻過渡期社会の実践理論     各¥3810+305                                                                          

        45年日本共産党入党(所感派) 55年日共六全協・離党 62年社会主義青年運動(SM)加入 66年共産同再建第6回大会政治局員 68年共産同第7回大会議長 68年共産同第8回大会議長 
        69年「4・28破防法被告」 69年共産同第9回大会議長 72年共産同蜂起派結成 98年共産同蜂起派「離党の決意」提出 

        『世界暴力革命論』(リベラシオン社69年)

        『先行性ファシズム論』(戦旗社69年)

        「革命に生きる」(Ⅰ~Ⅳ未完『情況』97年7月号・10月号・98年3月号・99年7月号) 

        『さらぎ徳二著作集』(全7巻)(緑陽社・玉海社2006~)

     前沢昇                    1944年~2003年(享年59歳)
          

         63年専修大学入学 64年マルクス・レーニン主義者同盟(共産同再建大会準備委員会)加盟 66年電車事故で左手足を失う 77年東京都国分寺市議(二期)
        03年障碍者施設「万葉の里」副理事長

     千葉正健(明智秀胤)             1940年~2011年(享年71歳)
                   

          60年社会主義青年労働者同盟中央労働学院支部結成 61年共産同加盟 61年社会主義青年運動(SM)結成 64年共産同(再建) 65年共産同統一委員会結成 
         67年GSThe Van Dogs 72年新宿「鋲打ち銃・警察官拳銃奪取闘争」 08年さらぎ徳二著作集編集委員会主幹 
         「統一戦線とは何かー理論研究のために」(社青労同中労支部機関紙『若きボルシェビキ』2号60年
         「われわれの運動の出発に際して」(61年)
         「獄中からのアピール」(『銃声』号外72年)
         「ゲリラ戦から始めよ」(『銃声』1号・『情況』11月号72年)
         「追悼 明智秀胤・千葉正健」(佐藤秋雄「プロレタリア通信」51号2012) 
         『精進 千葉正健さんを偲ぶ』(千葉正健さんを偲ぶ会2011)
      
       三戸部貴士                   1942年~1990年(享年48歳)
         

        
        62年横浜国立大学入学 65年全学自治会中央委員長 66年学芸部名称変更闘争 66年社学同NL派加盟 69年東大闘争参加逮捕

            今井澄                    1939年~2002年(享年62歳)
              

          58年東京大学入学 62年東大自治会議長 65年社学同ML派加盟 68年日本マルクス・レーニン主義者同盟 68年東大安田講堂防衛隊隊長 74年諏訪中央病院勤務 80年諏訪中央病院院長 
        
92年~02年参議院議員(社会党・民主党)

         『たちまちの日記 今井澄獄中日記 往復書簡・草稿』(風塔舎2008)

     畠山嘉克(林麟次郎)              1942年~2003年(享年60歳)
            

        63年東海大学入学 65年社学同ML派 67年日中青年学生共闘会議議長 68年日本マルクス・レーニン主義者同盟議長 
        『帝大解体の論理 日本革命と全共闘運動』(林 麟次郎69年)

     豊浦清                    1941年~2010年(享年69歳)
       

        60年東京大学入学 65年社学同ML派 68年日本マルクス・レーニン主義者同盟 95年~99年今井澄秘書 2000年「社会保険旬報」(社会保険研究所)従事 
        「毛沢東派の潮流」(『証言 連合赤軍ー4-』2005)

        ****************************************************************************************************

     中谷寛章                    1942年~1973年(享年31歳)
         
    

        62年京都大学入学 62年京大俳句会 63年京大新聞社 69年京大出版会(『序章』)
        『中谷寛章遺稿集ー眩しさへの挑戦』(序章社75年)

     高瀬泰司                   1941年~1987年(享年46歳)
            

         59年京都大学入学 63年京都府学連委員長 70年スナック「白樺」開店 
        「泰司の通信」第1号~○号

        『イノチのせんたく』(話の特集社81年)

        『はったい粉とコスモス』(ケイツー出版87年)

        『「泰ちゃん」高瀬泰司追悼集』(中井康之・高瀬泰司追悼集刊行会91年)

     藤本進治                       1905年~1987年(享年82歳)
          

        27年関西大学入学 50年民主主義科学者協議会(民科) 64年~70年関西(大阪)労働者学園学長 
       『革命の哲学』(青木書店64年)

       『マルクス主義とは何か』(大阪大学新聞会出版部64年)

       『革命闘争の論理』(合同出版69年)

     中島鎮男(田原芳)             1939年~1989年(享年50歳)
                    

         59年同志社大学入学 60年共産主義者同盟加盟 60年同大学友会書記長 61年京都府学連副委員長 61年全学連中央執行委員 65年共産同統一委員会政治局員 66年共産同関西地方委員会議長 
        
68年共産同第8回大会綱領委員会委員長
 
        『プロレタリア独裁への道〈Ⅰ〉』(同志社学生新聞出版局66年)

        『共産主義者同盟の総括と綱領問題』(共産同綱領委員会69年)

        『夢は世界を翔けめぐる 中島鎮男(田原 芳)未完の年譜』(中島鎮男(田原芳)を偲ぶ会99年)  

     八木俊樹                    1943年~1996年(享年31歳)
            

          62年京都大学入学 63年京大教養部自治会委員長 90年京都大学学術出版会 
         『無形の追想 八木俊樹君追悼文集』(発行委員会97年)

     阪井興直(高見沢洋一・風巻ひろし)      1944年~1997年(享年53歳)
             

          62年京都大学入学 65年京大文学部自治会委員長 67年大阪吹田反戦青年委員会 68年共産主義者同盟関西地方委員会常任 69年共産同第9回大会中央委員 71年共産同(RG)議長 
         96年「プロレタリア通信」編集委員会 

         『チェコをめぐる情勢と世界革命』(共産同関西地方委員会68年)

         「世界プロレタリア独裁へむけた綱領問題」(『烽火』再刊1号70年) 

         『阪井興直著作集』(刊行委員会98年)

     田所伴樹                   1943年~1997年(享年54歳)
         

         61年同志社大学入学 63年同大学友会委員長 63年「12・9同志社事件」 64年京都府学連委員長 68年京都精華大学事務局長 
         『笑む 田所伴樹追悼集』(刊行会98年)

     藤本敏夫                   1944年~2002年(享年58歳)
          

         63年同志社大学入学 64年同大学友会副委員長 65年京都府学連書記長 68年反帝全学連委員長 70年日本キューバ文化交流研究所事務局長 76年大地を守る会会長 81年鴨川自然王国代表理事 
        92年環境政党「希望」

        「過渡期の闘争 70年に到る階級構造」(「同志社学生新聞」335号67年)

        「全学連運動の世界史的任務(寄稿)」(『共産主義』12号68年)

        『農的幸福論~藤本敏夫からの遺言』(家の光協会2002)

        『追悼 藤本敏夫』(藤本敏夫さんの一周忌に集う会実行委員会2003) 

        山下五郎                    1941年~2003年(享年62歳)

        60年大阪市大入学 62年共産主義者同盟加盟 62年全日本医学生連合(医学連)中央執行委員 69年阪神医療生協医師 69年尼崎労働者健康協議会(全健協)

    清田祐一郎(永井武夫)            1940年~2006年(享年66歳)
          

          59年京都大学入学 62年京都府学連委員長 65年共産同統一委員会政治局員 67年阪神共産主義者協議会 67年関西地区反戦連絡会議事務局長 68年国際反戦関西集会実行委員長 
         
69年共産同第9回大会政治局員 71年共産同(全国委員会)議長 85年社会主義研究会(土曜会・毛沢東思想学院)

         「南ベトナムの闘争 それは何か」(「烽火」39-40号65年)

         「激動の一週間を終わってー闘いの総括と展望」(『労働者もヘルメットをかぶった』関西地区反戦連絡会議68年) 

         「体系的な非合法党ー勝利の党をめざし戦士=組織者たる革命家の集団へ同盟を鍛えよ」(政治局「烽火」268・9号72年) 

         「社会主義理論を根底的に問いかえすために」(「人民新聞」726~728号1990年)   

         「追悼!清田祐一郎君」(新開純也 2006年4月20日) 

          「清田祐一郎 執筆文献リスト」 
                

     蒲池裕治                    1944年~2009年(享年65歳)
     

       63年同志社大学入学 64・65年同大学友会委員長 66・67年三派全学連副委員長 ○年日本医療システムプロジェクト

     北条和司(大路広道)             1951年~2010年(享年59歳)

       69年龍谷大学入学 71年共産同(全国委員会) 80年タカラブネ労働組合委員長 90年タカラブネ常務取締役 07年NGO-ACCE事務局長  09年社会運動センター「きずな」事務局長

       吉國恒雄(古川哲)             1947年~2006年(享年59歳)
           

        67年京都大学入学(中退) 71年京大レーニン研究会 72年マルクス主義青年同盟 73年マルクス主義青年同盟離脱 91年ジンバブウエ大学 96年専修大学教授 
        「『政治過程論』と我々の新しい出発点について」(『ボリシェヴィズム通信』創刊号71年)  

        『アフリカ人都市経験の史的考察 初期植民地期ジンバブウエ・ハラレの社会史』(インパクト出版会2005)

        『燃えるジンバブウエー南部アフリカにおける「コロニアル」・「ポストコロニアル」経験』(晃洋書房2008)

        *************************************************************************************************

    高槻修(仲代文人)              1949年~2009年(享年60歳)
         

        67年中央大学二部入学 68年社学同加盟 69年共産同三多摩地区委員会 70年共産同叛旗派 76年叛旗派解体 
       『叛旗派武装闘争小史 高槻 修さんの思い出』(共産同叛旗派互助会2009・2014)

     望月上史                    1947年~1969年(享年22歳)
         

         65年同志社大学入学 65年同志社新聞局 66年社学同加盟 67年京都府学連書記次長 68年共産主義者同盟加盟 68年社学同同志社大学支部委員長 68年社学同京都府委員会議長 
        
69年共産同赤軍派加盟 69年「7・6事件」(死去)

        「若きプロレタリア戦士 同志望月上史の死を悼む 追悼の辞」(「赤軍」3号69年)

        「同志望月君の死を悼む」(「戦旗」196号69年)

     山田孝                    1945年~1972年(享年27歳)
         

         64年京都大学入学 64年生活協同組合組織部員 64年社学同京大支部加盟 65年法学部社会科学研究会 66年共産同京大細胞加盟  
        68年京都地区反戦青年委員会 69年共産同京都府委員会委員長 69年共産同赤軍派加盟 71年連合赤軍

        「殲滅する銃を!中央軍アピール 1971・12・18」(『情況』8月号・・) 

        「山田 孝の思い出」(重松雍明『証言 連合赤軍ー4-』2005)

     藤隆三郎                   1950年~1972年(享年21歳)
         

         68年秋田県立秋田高校卒業 68年日仏学院入学 69年東大闘争参加 70年共産同赤軍派加盟 71年連合赤軍

     遠山美枝子                  1946年~1972年(享年25歳)
         *高原浩之氏の提供

         66年明治大学(二部)入学 66年キリンビール入社 69年共産同赤軍派加盟 71年連合赤軍

     行方正時                   1949年~1972年(享年22歳)
         

        68年岡山大学入学 68年ASPAC闘争参加(逮捕) 68年佐世保闘争参加(逮捕) 69年東大闘争参加(逮捕) 69年共産同赤軍派加盟 71年連合赤軍

     山崎順                   1950年~1972年(享年21歳)
         

         69年早稲田大学入学 70年早大反戦連合加入・三里塚闘争参加 70年共産同赤軍派加盟 71年連合赤軍

    森恒夫                    1944年~1973年(享年28歳)
           

        63年大阪市大入学 66年共産主義者同盟加盟 68年共産同千葉県委員会 70年共産同赤軍派中央委員 71年連合赤軍中央委員会委員長 
       『赤軍』禄別号(蜂起ー戦争勝利政治集会基調報告) 

       『遺稿 森恒夫』(査証編集委員会73年) 

       『銃撃戦と粛清・森恒夫自己批判全文』(高沢皓司編・新泉社84年)

    若宮正則                    1947年~1990年(ペルー・享年45歳)
         

         64年宇和島水産高校卒業 68年神奈川県反戦青年委員会 68年共産主義者同盟加盟 69年共産同赤軍派 71年釜ヶ崎「勝浦食堂」開店 72年共産同赤軍派釜ヶ崎地区委員会 
        77年「日本社会主義労働組合総同盟」提案
 
        「遊撃戦のスタイル」(『査証』NO2・72年) 

        「下層労働者大衆の同盟を再建せよ!」(『査証』NO7・73年)

        『釜ヶ崎赤軍兵士 若宮正則物語』(高幣真公・彩流社
2001)

     藤井利明                    1949年~2003年(享年54歳)
           

        ○年山谷製作所(堺市)入社 ○年日本共産党入党 77年釜ヶ崎日雇労働組合加入 83年山谷対国粋会金町組闘争ー釜日労派遣団 85年共産同(赫旗派)加盟 99年労働者共産党 
       「追悼 藤井利明同志 釜ヶ崎労働者の心をつかみ 関西党のカナメともなって」(労働者共産党関西地方委員会「プロレタリア」405号2003)

       『追悼 おいらの人生と釜日労のたたかい』(藤井利明・追悼出版実行委員会2003)

     関 博明                   1949年~2005年(享年55歳)
         

         68年東京都立田園調布高校卒業 70年共産同赤軍派中央軍参加 87年連合赤軍事件の全体像を残す会
          『詩集 ズボンぬいだ風』(南田草介・街から舎82年)

     牧野一樹                    1946年~2009年(享年63歳)

        65年茨城大学入学 66年共産主義者同盟加盟 68年共産同学対部 69年共産同赤軍派加盟

    吉田金太郎                  1950年~1985年(ピョンヤン・享年35年)
     

        69年京都市立堀川高校卒業 69年日立造船入社(工員) 69年堺反戦青年委員会加入 70年「よど号」 

  岡本武                   1945年~1988年(ピョンヤン・享年43歳)
    
    65年京都大学入学(中退) 69年東大闘争参加 70年「よど号」HJ

      田宮高麿                    1943年~1995年(ピョンヤン・享年52歳)
           

        62年大阪市大入学 63年社学同加盟 64年大阪市大全学自治会委員長 64年社学同大阪府委員会委員長 66年共産同関西地方委員会学対部  69年共産主義青年同盟(KIM)常任委員長 
       69年共産同赤軍派軍事委員長 
70年「よど号」HJ 81年「日本を考える」編集委員会 90年「日本の自主と団結のために!」の会 
       『世界党建設・世界赤軍兵士へ飛翔する革命的九同志の出発宣言』(『赤軍』特別号70年) 

       『わが思想の革命 ピョンヤン18年の手記』(新泉社88年)

       『追悼 田宮高麿 遺稿「民族論」(未完)』(「日本の自主と団結のために!」の」会編・紫翠会出版96年)

     田中義三                   1948年~2007年(享年58歳)
           

         68年明治大学(二部)入学 68年現代思想研究会加入 68年社会主義学生同盟加盟 69年共産同赤軍派加盟 70年「よど号」HJ 
        『新しい未来のために』(かりの会2003)

        『田中義三遺稿追悼集』(刊行委員会2007)

     柴田泰弘                   1935年~2011年(享年58歳)
          

         69年神戸市立須磨高校入学 69年共産同赤軍派加盟 69年大菩薩峠・逮捕(高校1年) 70年「よど号」HJ 85年極秘帰国 88年逮捕(懲役5年) 94年出所 
        「「戦友」柴田泰弘を偲んで」(ピョンヤンの戦友一同 「かりはゆく」113号2011)

     山田修(オリード)             1945年~1972年(ベイルート・享年26歳)

        64年京都大学入学 69年京大全共闘工学部共闘会議加入 72年水死(ピジョンロック沖)

     奥平剛士(バーシム)             1945年~1972年(パレスチナ・享年26歳)
           

        64年京都大学入学 64年底辺問題研究会(セツルメント)加入 66年民主青年同盟加盟(半年) 69年京大全共闘工学部共闘会議加入 72年デル・ヤシン作戦(リッダ空港襲撃)戦死 
       『天よ 我に仕事を与えよ』(田畑書店78年)

   安田安之(サラーム)             1947年~1972年(パレスチナ・享年25歳)
     

        65年京都大学入学 69年京大全共闘工学部共闘会議加入 72年デル・ヤシン作戦(リッダ空港襲撃)戦死

    日高敏彦                   1944年~1976年(ヨルダン・享年31歳)
         

        68年大阪市大入学 71年日本赤軍加入 76年拷問死 
        「ガサ入れ」(作詞・作曲     …年)

         「団結、必勝、頑張ろう!」(作詞・作曲・日高隊)

     檜森孝雄(ユーセフ)             1947年~2002年(享年55歳)
          

        68年立命館大学入学 68年ホモド(人間主義学生同盟)結成 72年VZ-58結成 82年共産同(火花)第一回代表者会議議長 87年共産同(火花)第二回大会・離脱
       「檜森孝雄同志追悼」(「火花」248号2002) 

       『水平線の向こうに ルポルタージュ檜森孝雄』(刊行委員会・風塵社2005)

    丸岡修                   1950年~2011年(享年60歳)
          

        69年大阪市立清水谷高校卒業 72年日本出国ー日本赤軍加入 73年ドバイHJ闘争 77年ダッカHJ闘争指揮 87年逮捕(無期懲役)
       「丸岡同志追悼メッセージ」(重信房子)  

       『丸岡 修自述 元日本赤軍軍事指揮官告白録』(丸岡 修・風塵社2013)

    笠置華一郎                  1944年~2005年(享年61歳)
          

        ○年日本大学入学 68年日大全共闘(農学部闘争委) 70年共産同(戦旗派)加盟 73年全国労共闘議長 95年共産同離脱 97年キューバ・メキシコ(サパチスタ) 
        
2000年日本人宿「KASAKASA」開設(メキシコ)

        『南へ南へ向かった孤高のノマドー漂泊の旅人笠置華一郎を偲ぶ』(笠置華一郎・片桐秀典・実践社2005)

     荒岱介(日向翔)             1945年~2011年(享年65歳)
              

        65年早稲田大学入学 68年社学同委員長 69年共産同第9回大会中央委員 70年共産同(戦旗派)議長
        67年「明大学費闘争の運動論組織論的総括」(『若きボリシェビキ』復刊2号) 68年「社学同の運動論組織論的位置とその任務」(『理論戦線』7号)
        69年「革命論方法論上の主体的立場の解明」(『理論戦線』8号) 71年「階級的暴力の原則的駆使に関するわれわれの立場」(「戦旗」260号)
        72年『過渡期世界の革命 第三次ブントへの軌跡』 2001年『破天荒伝』

      坂内仁(植村乃介・深川克己)         1944年~1994年(享年50歳)
         

         63年慶応大学入学 65年共産同マルクス主義戦線派加盟 68年前衛編集委員会 70年青年共産同盟武装行動委員会 73年共産主義者党 80年「季刊クライシス」編集員 87年新日本文学会員
        「共産主義者党綱領草案」(78年)

        『経済学入門』(五月社80年)

        『現代日本論を解体する』(御茶ノ水書房91年)

        『坂内 仁遺稿集 長期にわたる持久戦』(坂内 仁遺稿集刊行委員会96年)
  

      望月彰(秋本道夫)              1939年~2009年(享年70歳)
         

        58年静岡大学入学 58年日本共産党入党 60年東京学芸大入学 62年社学同東京都委員会書記長 62年『マルクス主義戦線』発行(編集委員会) 64年共産同(マルクス主義戦線派) 
       
66年共産同再建第6回大会政治局労対部長 
68年共産同第7回大会(分裂)-共産同労働者革命派準備委員会 68年「前衛」編集委員会 73年共産主義者党  73年日鐵溶接習志野工場労働組合 
      「『産業政策』と労働運動ー当面する課題は何か」(共産同労対部『共産主義』10号67年)

      『望月 彰遺稿集』(2009)

    岩田弘                   1929年~2012年(享年82歳)
          

       64年立正大学経済学部教授 64年共産同(マルクス主義戦線派)参加 68年「前衛」編集委員会 72年共産主義者党 79年自主管理研究所 
       『世界資本主義』(未来社64年)

       「マルクス主義とプロレタリア革命」(『共産主義』復刊1号65年)

       『革命綱領とは何かー原則綱領・戦略綱領・戦術綱領』(黎明社65年)

       「共産党原則綱領草案」(『世界革命』創刊号70年)

       『岩田弘遺稿集 追悼の意を込めて』(五味久嘉編・批評社2015)

    成島忠夫                     1942年~2016年(享年74歳)
      

     62年年静岡高校卒業 62年静岡大学入学(中退) 64年共産同(マル戦派) 66年共産同第6回大会 67全学連(三派)副委員長 69年共産主義労働者委員会結成 
     75年労働者共産主義委員会臨時中央委員会 
77年釜ヶ崎働く仲間の会結成 07年参議院選挙立候補(9条ネット)

       岩崎司郎                    1945年~2013年(享年68歳)
          

        65年専修大学入学 65年社学同加盟 69年共青同委員長 70年共産同(鉄の戦線派) 72年RG北熊本反自衛隊基地爆破闘争(逮捕) 87年東京土建一般労組中野支部加入 
       94年東京土建一般労組書記長 
『はるかなる「かくめい」』(彩流社2015)

    川音勉(畑中文治)              1953年~2013年(享年60歳)
          

        71年早稲田大学入学 72年共産同再建準備委員会 74年共産同(遊撃派) 79年共産同(革命の旗派) 81年共産同(赫旗派) 83年共産同(赫旗派)首都圏委員会 
       89年共産同首都圏委員会 
91年M&R研究会 2000年「共産主義運動年誌」編集委員 09年共産主義者協議会 
       「同志 畑中文治(川音 勉)を追悼する」(共産同首都圏委員会『共産主義運動年誌』14号2013) 

       「共産主義運動のためのテーゼ2004」(畑中文治『風を972よむ』6号2008) 

        『川音勉論集』(共産同首都圏委員会2015)  

       廣澤一男(滝沢範治)              1946年~2015年(享年69歳)
         

          66年日本大学入学 68年日大全共闘(理工学部) 70年共産主義者同盟再建準備委員会加盟 74年共産同(遊撃派)議長 79年共産同(革命の旗派) 81年共産同(赫旗派) 
         83年共産同(赫旗派)首都圏委員会 
89年共産同首都圏委員会 91年M&R研究会 2000年「共産主義運動年誌」編集委員会 
         09年共産主義者協議会 15年反戦実行委員会(集団自衛権法制化阻止・安倍たおせ!実行委員会)

    嶺井妙美(金城あゆみ)             1942年~2013年(享年64歳)
     
        70年専修大学入学 75年沖縄海洋博反対闘争 75年人民救援会 「沖縄舎」設立 84年共産同蜂起派加盟 87年沖縄日雇労働組合(沖日労)結成(委員長ー上江洲健) 
        「追悼 特集Ⅰ」(「プロレタリア通信」65号)   

        「追悼 特集Ⅱ」(「プロレタリア通信」66号)
     
              

    西浦隆男(萩原遼)              1945年~2014年(享年69歳)
            

        65年大阪市大入学 65年社学同加盟 69年共産同赤軍派加盟 75年プロレタリア独裁編集委員会 76年共産同(紅旗派) 89年政治犯に対する不当な弾圧に反対する会
       『ポーランドの階級闘争と反官僚革命の綱領問題』(萩原 遼83年)

       『ユーゴスラヴィア労働者自主管理の歴史的経験について』(萩原 遼84年)

       「西浦隆男さんの逝去を悼む」(早川義輝)

       「西浦君の死を追悼する」(柳田 健・新開純也『情況』11・12月合併号2014) 
      
       「森恒夫について改めて思うこと」(『情況』6月号2008) 

       『西浦隆男 追悼・遺稿集 走る! かくめいとハブラシ』(柳田 健編2015)  

      大塚彰(北原克志)            1941年~2014年(亨年73歳

     60年同志社大学入学 62年社学同加盟 64年全電通専従 71年共産同(全国委員会) 76年共産同(全国委)「烽火」301号

        大森昌也                 1942年~2016年(享年74歳)
       

       62年大阪市大入学 63年社学同加盟 64年国労大阪書記 69年共産同RG隊長 99年あーす農場(兵庫県和田山町)開設 

      上田育子                 1942年-2016年(享年74歳)

     61年大阪市立大学医学部入学 社会医療研究会 62年社学同加盟 63年共産同加盟(大阪南地区委員会) 68年(東京都東部地区委員会) 69年共産同赤軍派脱盟
       
70年首都青年労働者社会主義研究会(首都社研)結成 
74年共産同プロレタリア派結成 
       
88年泉州ユニオン結成 2000年大阪府和泉市議会議員 02年全国コミュニティユニオン全国連合会(全国ユニオン)結成

      茂田一義(柳沢徹)           1941年~2017年(亨年76歳)
     

     61年京都大学入学 64年西宮地区労働運動参加 69年共産同神奈川県委員会結成 70年爆発物取締違反で全国指名手配 
       92年自立生活者センター「K2」設立 97年東京板橋で逮捕(不起訴)

      塩見孝也(一向健)         1941年~2017年(亨年76歳)
      

     62年京都大学入学 64年京都府学連第21回大会書記長 65年共産同統一委員会結成大会政治局員 65年社学同再建全国大会副委員長 66年共産同再建第6回大会政治局員(学対部長)
       67年第7回大会政治局員 68年第8回大会政治局員(東京都委員会) 69年共産同赤軍派結成(議長) 70年逮捕(獄中約20年) 74年共産同赤軍派(プロ革)結成
       79年日本社会科学研究所(マルクス・レーニン主義、毛沢東思想)結成 89年出獄 96年自主日本の会(ぱとり) 2015年塩見孝也と銀河の会

        ★塩見孝也(一向健)著作リスト

      ●
「政治闘争、社会政治闘争ー第三期学生運動論」(65年『戦士』NO6)●「転換期の意義と我々の任務とは何かー第2期生協は何処へ行く 第3期生協運動試論」(65年P)

   
「ゲバラ=カストロ路線と我々」(67年『烽火』NO5)●我々の世界革命戦略と組織論についてー現代プロレタリア革命の立場」(68年『解放』共産同中大細胞機関誌1号)

 
   「我々の緊急の任務=世界党建設に向けて」(68年『烽火』NO7)●「我々の立脚すべき地点」(69年『赤軍』NO1)「赤軍派同志への私の自己批判」(69年阪本 均『赤軍』NO2)
   「同盟への我々の自己批判」(69年『赤軍』NO8)「スターリン主義と四中委議案」(69年『赤軍』NO8)「獄中からの決意表明」(70年『F―01』)「獄中アピール」(70年『F-01』)
 
   「日本ー世界社会主義革命戦争の新たな地平を切り拓けーHJ公判への所信表明」(70年『F-02』)所信表明」(72年『査証』NO2「今回の問題について」(72年『査証』NO3)
   「同盟第三次転換とプロレタリア=共産主義思想・反米反帝の人民民主主義革命の路線とプロレタリア革命党の建設に向けて」(72年P)「革命戦争派の綱領問題」(72年『序章』7号)
 
   「川島・渡辺両氏の公開質問にこたえる」(73年『序章』12号)「日共(革左)川島・渡辺両氏を再批判する(上)」(73年『序章』14号)
 
   「連赤敗北の総括の第二段階と我々の民々革命論の検討」(72年『査証』NO7)「連赤敗北における山岳根拠地路線の意義の明確化」(73年「新左翼」163~9号・『序章』14号)
 
   『塩見孝也論叢』1~8(72~74年)「第一次綱領草案」(74年『赤軍』再刊準備1号『論叢』9)『過渡期社会論』(75年酒井隆樹共著 『赤軍』再刊準備2号 編査証出版)
   ●「天皇制ファシスズム論」(76年『赤軍』再刊準備3号)
 
   「反帝反社帝世界革命戦争の一大前進=中国継続革命=根拠地化・インドシナ革命戦争の勝利に、プロレタリア単一党建設ー建軍・攻撃的蜂起の前進でこたえよ」(75年『情況』9月号) 
 
   『一向過渡期世界論の防衛と発展のために』(75年査証出版『マルクス主義』12(日本社会科学研究所(マルクス・レーニン主義 毛沢東思想79年)
 
   『風雪』復刊1号~56号(82~92年塩見孝也救援会『春雷』創刊号~?(96年自主日本の会)封建社会主義と現代—塩見孝也獄中論文集』(88年塩見孝也救援会,新泉社)
 
   『いま語っておくべきこと 現代資本主義論と社会主義論 革命的左翼運動の総括』(90年川島豪対談 新泉社)
 
   『「リハビリ」終了宣言—元赤軍派議長の獄中二十年とその後の六年半』 (96年紫翆会出版)『さらば赤軍派 私の幸福論』(02年オークラ出版)
   『赤軍派始末記 元議長が語る40年』(03年彩流社)監獄記―厳正独房から日本を変えようとした、獄中20年』(04年オークラ出版)
 
   『革命バカ一代 駐車場日記-たかが駐車場、されど駐車場』(14年鹿砦社) 
 
    大下敦史                   1947年~2018年(亨年70歳)
   

    66年早稲田大学入学 67年社学同・共産同加盟 69年共産同BL主義派 70年共産同(戦旗派)73年共産同(戦旗派)西田派 2000年『情況』編集長 

     緑川健                  1958年~2018年(亨年60歳)
    

   76年高校卒業 76年東部自動車(タクシー会社)入社 78年共産同国際主義派加盟 80年日本共産党(行動派)再建大会 17年「人民戦線の旗のもとに!」編集長

     山本光二(美杉司・夏目次郎)        1951年~2018年(亨年67歳)
          

     70年武蔵野大学入学 70年共産同(戦旗派)加盟 反帝戦線 75年沖縄海洋博粉砕決戦 79年『反帝戦線』編集長
     86年共産同(戦旗派)書記局「戦旗」編集局員 99年「アソシエ21」事務局員 04年共産同(統一委員会)「戦旗」編集長

         大賀達雄(北村裕)                  1945年~2017年(享年72歳

              
       
 ○年共産主義者党(「前衛」派)入党 98年プロレタリア通信編集委員会参加

           
佐竹茂(渚雪彦)                   1941年~2019年(享年78歳)
   

     〇年東京大学入学 62年社学同第1回東京都大会(委員長) 63年マルクス・レーニン主義者同盟(共産同再建大会実行委員会)結成 
      64年「帝国主義列強の抗争の現段階ー日韓闘争・革命闘争の勝利にむけて」(渚 雪彦
マルクス・レーニン主義』第2号) 64年共産同ー再建結成(議長) 
      65年共産同の分裂ー少数派 65年社学同第6回大会(社学同ML主義派 機関紙「赤光」) 68年マルクスレーニン主義者同盟結成(政治局員
))

     
渕上太郎                             1943年~2019年(享年76歳) 
    
    
       ○○年東京学芸大学入学 63年東京学芸大学闘争委員会委員長 65年社学同ML主義派 68年日本マルクスレーニン主義者同盟結成
       07年9条改憲阻止の会
     
      
桝本純(川田洋)              1942年~2019年(享年77歳)
    
 
    
〇年電気通信大学入学 68年共産同三多摩地区委員会 〇年同盟職員 89年総連合社会政策局長 〇年連合総合生活開発研究所副所長 11年ルネサンス研究所

     69年「破防法体制突破!安保粉砕=日帝打倒・70年へ!」(『叛旗』2号共産同三多摩地区委)70年「新左翼運動と沖縄派兵」(川田洋『情況』6月
       
71年「国境・国家・第三次琉球処分」(川田洋『情況』4月号) 71年「ローザ・ルクセンブルクへの視点」(川田洋『ロザルクセンブルク論集』情況出版) 

    

     
土方克彦                  1946年~2019年(享年73歳)
          
     64年同志社大学入学  64年此春寮入寮 64年同志社大学生協組織部員 64年社学同加盟 67年「帝国主義論の方法と体系・覚書」(同志社大学経済研究会『経済研究』no24)
     68年共産同関西地方委員会阪神地区委員 69年神戸地区反戦機関誌『戦士』発行 69年「神戸大3・1」事件で逮捕 69年関西地区反戦連絡会議議長(三代目)

     70年7・31平和台病院労組無期限ストライキ  74年阪神三里塚に連帯する会神戸連絡会議 76年11・22事件救援活動 
     85関西生コン労働組合書記(法対部長)
 85年はんてんの会(兵庫反天皇制連続講座)
 90年中島鎮夫(田原芳)を偲ぶ会(『夢は世界を翔けめぐる』) 
     05年『田原芳論文集』編集委員 14年脳梗塞で入院  17年介護保護施設「緑風苑」入院



  ★前田裕晤(大崎悟)             1934年~2019年(享年85歳)
    
 
  
50年京都電気通信学園入学 50年電気通信省大阪中央電報局(中電)就職 50年豊中・刀根山寮入寮 52年中電全寮協議会結成 53年同志社大学入学 
      54年大阪電通労働運動研究会(第1次労研)結成 59年共産同大阪中電(秘密)細胞結成 61年共産同全国労働者細胞代表者会議 61年労働者協会(『烽火』)設立 
      61年日本共産党除名 62年日本共産党中電細胞解散ー中電労研(第2次労研『電通労研』)結成 62年(関西)共産同結成 64年関西労働者学園設立 
      65年電通反戦青年委員会結成 65年共産同統一委員会中央委員(大崎悟)67年関西地区反戦連絡会議議長(『叛乱』) 
      69年全国労働運動左翼活動者会議(共催:電通労研・長崎社研) 69年大阪電通労研総会(マッセンスト方針決定 前田裕晤離党)
     71年全国労働運動活動者会議(全労活)結成 71年『季刊労働運動』創刊 77年『労働情報』創刊 85年大阪電通合同労組委員長 86年『労働情報』編集長  
      89年電通合同労組全国協議会議長 91年大阪全労協議長 92年自治・共生・連帯の社会主義をめざす政治連合結成 00年キューバ訪問団団長
      04年全労協副議長 06年『田原芳論文集』出版記念の集い呼びけ人 07年九条ネット結成 14年『前田裕晤が語る 大阪中電と左翼労働運動の軌跡』刊行
      14年前田裕晤さんの傘寿と出版を祝う集い 17年怒れる世代の会(怒れる60・70年世代の会)共同代表
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     「日本共産党大阪中電細胞離党に到る経過について」(前田裕晤61年7月10日)
     「労働者の前衛観」(『先駆』2号62年3月30日ー前記文書加筆)
     「変革への小さな試みー共産主義者同盟関西地方労働者対策部の新出発」(61年?)
     「職場報告(一)全電通近畿地本のスト論議について」(『烽火』2号61年10月10日)
     「春闘の教訓と労働組合」(『共産主義』10号62年9月5日)
     「全電通の右傾化と左翼反対派の任務」(『共産主義』15号63年6月10日)
     「68春闘と公労協の闘い」(第二期
烽火』10号68年6月15日)
    
 「労働者評議会運動の提唱」(『情況』69年6月号) 
     「階級的労働運動のために」(『季刊労働運動』71年11月1日)

   
   柳田健(野崎進)                       1940年~2019年(享年79歳)
       

      58年大阪市大入学 59年共産同大阪市大細胞結成(武田信照・清島端典・柳田健・原**・矢谷**) 61年労働者協会設立(『烽火』) 67年堺反戦青年委員会結成
    69年共産同関西地方委員会議長 69年共産同第9回大会中央委員(軍事委員長)95年人道帰国者の会 09年政治犯に対する重刑攻撃に反対する会
    16年城崎勉さんを救援する会 18年塩見孝也とその時代(京都)
 


                                                                       ★Top page
リベラシオン社