共産主義者同盟(火花)Chronicle                                                                                                              

                                                                                                                                 ★top pageリベラシオン社

         檜森孝雄(ユーセフ) 1947年~2002年(享年55歳)

                  
                         

                     68年立命館大学入学 68年ホモド(人間主義学生同盟)結成 72年VZ-58結成 82年共産同(火花)第一回代表者会議議長 87年共産同(火花)第二回大会・離脱

                    「檜森孝雄同志追悼」(「火花」248号2002) 『水平線の向こうに ルポルタージュ檜森孝雄』(刊行委員会・風塵社2005)

                 桧森孝雄同志追悼  (「火花」248号2002年)

 

             去る3月30日夕刻、日比谷公園「かもめの噴水」広場で、桧森孝雄同志が焼身自殺を遂げた。


          パレスティナ「土地の日」、昨秋桧森同志たちがイスラエルのパレスティナ侵攻への抗議とアフガン非戦を掲げて72時間ハンストを闘った場所での自死。

 

          そして、同志が死に際に発したメッセージ。

 

          これらは、同志が、イスラエルのパレスティナ軍事侵攻と虐殺への抗議と、パレスティナ人民の生命を賭した抵抗闘争への支持を表明すべく、

 

          焼身自殺の途を選び取ったことを明らかにしている。

 

          '72年ディル・ヤシン作戦の地平に立ち、世界的な蜂起・内戦・革命戦争の現実への参加と、新たなインターの質をもつ単一党の創建をめざす事業に踏み出して以来、

 

          桧森同志は権力・公安の重包囲と闘い抜き、自らの途を自らの力で切り拓いてきた。

 

          その活動の軌跡と遺された言葉からわれわれは自身の課題を見出していきたいと思う。

 

          以下、パレスティナの人々に宛てた桧森同志の最後のメッセージと、同盟の一同志から『火花』に寄せられた追悼文を掲載する。

 

                    桧森同志のメッセージ

 

                 パレスティナの方々へ 侵略国家はいらない

           シオニズム・シャロンによる侵略と虐殺、そして人種差別に対するパレスティナの人々の抵抗を無条件に支持します。
           平和的であれ、暴力的であれ、人間の尊厳を回復 するための抵抗を無条件に支持します。

           解放に取り組むパレスティナの人々は私には近い友人のような気がします。

           日本は 侵略戦争体制を急速に増強して非常に危険な国家になっていますが、

           侵略戦争の責任を問い日本解放を求める人々がアジアには少なからずいて、私も解放の一端に参加し たいと希望してきました。
           侵略を既成事実としてイスラエルを認める政治がまかり通っています。

           特に、パレスティナの人々自身を抜きにして国家の和平が取りざたされる残酷な世界があからさまに現れ、言葉を失っています。

           高度に発達した科学の世界は古代よりも残酷な侵略 と虐殺の時代をもたらしました。

           人間としてもっとも大事な、痛みを互いに思いやり、分かち合う心が無惨に踏みにじられています。
           イスラエルを後押しするアメリカ、その盟友として振る舞う日本への抗議は日本で も小さいながら続いています。

           シャロンを後押しする側の解体を求めて、その抗議に一人の人間として私も参加します。

       イスラエルの解体、全ての侵略国家の解体を! シオニズムの解体、全ての奴隷制からの解放を! 解放の連帯!

           パレスティナに続く海辺で 2002/3/30 土地の日に  ユセフ・桧森

 

           Below sentences are the will by HIMORI who burned himself as the Protest to Israel's invasion toward Palestine.

           Dear Palestinian people.
           The world doesn't need invasive country!

           I support Palestinian people's resistance against invasion, massacre and racial discrimination caused by Zionism-Sharon

           without any condition. Resistance, whether it is by peaceful method or violent means,

           I will strongly support people resistance which Intend to restore dignity of Humanbeings.
           I feel like close friend with Palestinians who struggle for Liberation.

           Although Japan comes to a very dangerous country by strengthening invasive war regime,

           not a few people who blame responsibility of Japanese invasion during the world war II in Asia.
           I am a one, who eagerly want to participate this liberation movement.
           Politics that admit Israel's invasion as a matter of fact walk freely.

           I have lost my word to face cruel world that negotiate cease fire without Palestinian themselves.

           Highly developed science brought more cruel invasion and massacre than the ancient times.

           Modern times is the age that have lost most important value to human beings.
           Witch is sympathize others and sharing spirit.
           USA backup Israel. And the Japan behave as a close partner of USA.

           Protest to Japanese government continues even though it is a small movement.

           Demand scrap the forces that backup Sharon, I will participate to this protest as a one humanbeings.

   Scrap Israel! Scrap all invasive countries! Scrap Zionism! Liberate every human from slavish establishment!
   Solidarity for Liberation!

   At the beach which goes to Palestine March 30,2002 At the day of Land YUSEFU(Joseph) HIMORI

                   3月30日の悲報は私の頭を混乱と悲しみでいっぱいにしてしまった。

 

                   言葉を発しようとしても、先に涙がこみあげ言葉にならない言葉しかでません。

                   あなたはパレスチナで亡くなっていった同志に対しあまりにも実直に「私」を棄てて彼らに捧げようとされてきました。

                   あなたがまだそのような白髪頭ではなく、意気洋々とされている頃私たちに多くのことをおしえてくれました。


                   マルクスやレーニンの本を介しての学習会だけでは学べないことを教えてくれました。

                   10年以上あなたと私たちは別個の場所で戦ってきました。同じように展望を見出せず、同じように苦悩していたとおもいます。


                   少年のような心をずっと持ち続けた詩人のような戦士桧森、オリオンの星となって我々を見つめていてください。

 

                      共産主義者同盟(火花)文献        WEB共産主義者同盟(火花)

                          ディル・ヤシン作戦勝利万歳(VZ-58来見 弘『査証』NO6ー1972年)           

           ★共産主義通信編集委員会

     ★火花編集委員会・共産主義者同盟(火花)(創刊号~100号)

   ▼1981年******************************************************************
               
           
創刊号(5月)      2号欠(6月)          第3号(7月)        第4号(8月)       第5号(9月)      第6号(10月)    

              
                
第7号(11月)     第8号(12月)     

     1982年*******************************************************************
             
           
第9号(1月)     第10号(2月)         11号欠(3月)       第12号(4月)     第13号(5月)       第14号(6月) 

                             
             第15号(7月)       第16号(8月)          第17号(特別号 12月)    第18号(12月)   

     1983*****************************************************************
          第19号(1月)     第20号(2月)      第21号(3月)    第22号(4月)   第23号(5月)    第24号(6月)     

          第25号(7月)     第26号(9月)      第27号(11月)       

    1984年*****************************************************************
                    
          
第29号第1分冊(1984・1・15) 第29号第2分冊     第29号第3分冊      第29号第4分冊       第29号第5分冊   
        われわれの綱領について   ●われわれの綱領について      ●ソ連の評価について     ●帝国主義と民主主義問題  ●『プロレタリア独裁』創刊号 その「綱領」批判 

         第28号(1月)       第30号(2月)   第31号(3月)     第32号(4月)       第33号(5月)        34号欠(6月)            

           35号欠(7月)      第36号(8月)   第37号(9月)     第38号(10月)      第39号(11月)       第40号(12月)   

    1985年****************************************************************
        第41号(1月)      第42号(2月)    第43号(3月)    第44号(4月)        第45号(5月)      第46号(6月)     

        第47号(7月)      第48号(8月)    第49号(9月)    第50号(10月)       第51号(11月)      第52号(12月)   

    1986年****************************************************************
        第53号(1月)      第54号(2月)    第55号(3月)     第56号(4月)      第57号(5月)        第58号(6月)   

        第59号(7月)      第60号(8月)    第61号(9月)     第62号(10月)      第63号(11月)       第64号(12月)       

    1987年******************************************************************
        第65号(1月)      第66号(2月)    第67号(3月)     第68号(4月)       第69号(5月)       第70号(6月)      

          71号(7月)欠       72号(8月)欠      73号(9月)欠      74号(10月)欠        75号(11月)欠         76号(12月)欠

    1988年*****************************************************************
          77号(1月)欠       78号(2月)欠      79号(3月)欠      80号(4月)欠)      第81号(5月)         82号(6月)欠

          83号(7月)欠       84号(8月)欠      85号(9月)欠      86号(10月)欠         87号(11月)欠        88号(12月)欠

    1989年****************************************************************
          89号(1月)欠       90号(2月)欠      91号(3月)欠      92号(4月)欠         93号(5月)欠)        94号(6月)欠

          95号(7月)欠)      96号(8月)欠      97号(9月)欠      98号(10月)欠        99号(11月)欠        100号(12月)欠

                「火花」総目次(101号1990年~424号2018年)  

                            
                          
綱領改定特別号(1994・6・20)    

             ★プロレタリア行動委員会(PAC)

                                                         
         警察・官僚支配と対決し、プロレタリア革命を準備しよう!(1983)   学生運動の階級的発展をめざそう!(1987・12・9)       

         ★「戦士」編集委員会

                  
                 
第1号(1988・7・1)   第2号欠未定        第3号(?)      第4号(?)          

 

                               
            
第5号欠未定            第6号(?)       第7号~12号欠未定       第13号(?)             

                                                                                    Top Pageリベラシオン社